<<  main  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

幕の内 トーナメント決勝 結果&対戦後記
優勝できました。
ありがとうございます。ありがとうございます。

本当はここで今の思いを長々と書きたいんですが、
今までの記事でも結構くっちゃべってきましたし、
幕の内でコメント欄なんてのも頂いているみたいですし。
心境はそちらのほうに書くことにしまして。

私が今まで敢えてあまり触れなかった「対戦後記」について
簡潔に書いてみようかと思います。
やっぱユニフォーム交換するにしろ、自分の対戦が全て
終わってから、って気持ちが強かったもので。
毎回後ろ振り返っている余裕もなかったですしね。
やっと書けますよ。



<予選一回戦・暴投戦士(笑)戦> チーム:●(1-4)先鋒:○
予備知識のない私にとって完全に手探りの初戦。
万人受けするもので、誰が見てもそれなりに面白いと
思えるネタを書こうという方針でした。
この段階ではチーム会議はなし。
敗退決定後、暴投チームと自分らのネタを見比べて、
「あーこういうネタがウケるのかー」などと分析もどきな
事もしてました。それが後に仇となるわけですが。
危機感だけは必要以上に持ちましたね。


<予選二回戦・ミチナルセカイへ戦> チーム○(5-0)先鋒:○
先鋒は写真お題(玄関でおっさんが魚持ってるやつ)。
見た瞬間、面白いネタ出そうな良題だと思いました。
この回からチーム会議が始まるわけですが、
いざ投稿する段になって、自分的にあまり面白いと思えない
ネタをチームメイトから推され、内心不安なまま投稿。
結果的に勝てたことによって、逆に何が面白くて何がそうで
ないのか迷い始めた時期です。
「勝てる方向性」をさらに探ろうと模索し始めます。


<予選三回戦・ねがらぼ戦> チーム:○(3-2)先鋒:●
チーム的にはギリギリ勝ちですが、個人的に初の敗戦を
喫します。
実はこの時のネタ、会議でみんなが良いと推してくれた
ネタを敢えて捨て、個人的なワガママを通して投稿したものでした。
それで負けたのでショックはかなりのものでしたね。
負けた原因は「相手より自分のネタのほうが面白くない」から。
そんな単純な理由に、まだこの時点でも気がつかずに
ああでもないこうでもないと頭の中で理屈をこねます。


<トーナメント一回戦・乳ブログ> チーム○(4-1)先鋒:●
先鋒として連敗。かなり凹みました。
失礼ながら、結果を見た瞬間は「ネタとしては決して負けて
いないだろう」と思ったりもしました。
でも後に冷静になって、やっと気付きます。
皆と同じ形式のネタを極端に避け、とにかく人と違った発想で
行こう、と思いすぎるあまりに肝心の面白さがないがしろに
されているんですよね。
幕の内だからといって幕の内用のネタを考えなきゃならない
わけじゃない。
どんな形式だろうが要は面白けりゃ評価される。
そう信じて臆病にならずにネタを考えなければ、と考え始めます。


<トーナメント二回戦・AM0:00戦> チーム○(4-1)先鋒:○
今までがそうでないというわけではないですが、
この辺から「相手チームの強さ」を特に意識し始めるようになります。
相手チームの過去ネタ見て「いいネタ書くなぁ」とかね。
さらに前回、前々回と続いた連敗。プレッシャーはかなりありました。
でも、プレッシャーを無くすには面白いネタ考えるしかないわけで。
ボツネタの数や考える時間も、この辺から徐々に増えていきます。


<トーナメント三回戦・かまいたちの宿戦> チーム○(4-1)先鋒:○
ある意味、この一戦が個人的には最も印象に残っているかもしれません。
というのも、運悪く仕事の最も忙しい時期と投稿期間がモロに重なって
しまい、会議どころかネタ書きすらまともにできないまま刻々と
投稿期限が迫る、という非常にヤバいパターンに陥っていたからでして。
しかも事前に見た佐藤P作さん(相手先鋒)の過去ネタが面白くてね。
最後の2日間くらいは睡眠時間を無理して削り、紙とペン持って
真夜中にネタ考えてました。
案外負けず嫌いなんだよなぁ。


<トーナメント準々決勝・merry-maker戦> チーム○(3-2)先鋒:○
対戦相手に感じた脅威、という意味ではこの一戦がダントツでしたね。
どこの誰に聞いても、どの予想見てもみんなメリーの勝ち。
それじゃあってんでメリーさんの過去ネタ拝見したら、これがまた面白くて。
「やべぇ、マジ強ぇぞ」って雰囲気がチームに重くのしかかってました。
しかし、かといってビビってばかりもいられないわけで。
「そんだけ強いってんなら、倒しちゃえば逆に美味しいじゃん」を
合言葉に、当たって砕けろ的な気持ちで精一杯頑張りましたね。
しかし、何もない町さんの「セーブ」には頭抱えましたw


<トーナメント準決勝・水掻きパパ戦> チーム○(4-1)先鋒:○
さすがにここまで来ちゃうと、2位とか3位とかは自分の中では
無いんですよね。それはもう絶対にダメだと。勝つしかないと。
覚悟も決まっており、お題が割と自分に合ってるせいもあって
ネタは今までに比べると結構出ましたね。
会議にもかなり熱が入ってきて、意見が2分3分したままなかなか
決まらないという事もよくありました。
ちなみに大将戦のホップステップは私のイチ押しだったんですが
1票差で負けてしまいました。
チームは勝ったから、まぁいいか。


<トーナメント決勝・暴投戦士(笑)戦> チーム○(3-2)先鋒:○
あら本当に再戦になっちゃったよ、って感じでしたね。
しかも前回はこっち側が負けてるわけですし。
苦手意識というものは無かったけれど、やっぱり心の隅には
すこーし残ってんですよね。あの時の大敗が。
まぁでも、勝つしかないからね。
実はうちのチーム、一回の対戦の際に中間会議・最終会議と
2度会議を行なっていたんですが、この中間会議の時には正直言って
みんなあまり良いネタが出せておらず、内心不安でした。
でも結局、最終会議の段階ではみんなネタ固めてきていて、
さすがだなーと改めて思いました。
しっかし結果発表を見る時にはさすがに緊張しましたね。
副将まで見て2-2。
この時は初めてマウス握る手に変な汗出ました。
こんな感覚、なかなか味わえるもんじゃないですよね。
その直後の歓喜も、ね。



まー色々と書きましたが、最初で述べたように全ての総括については
幕の内HP上でコメントとして書きますね。
ブログ上の幕の内カップ2005に関する記事は、次に書くボツネタ供養で
全て終わりです。
長期に渡りお付き合い頂いてありがとうございました。
いやブログ自体はまだまだ続くけど。
スポンサーサイト
Comment
おめでとうございます。

初めて書き込ませて頂きます。
優勝が朝焼けで嬉しく思います。
ああよかった。
面白いネタありがとうございました。
Posted by: チョコボール870 |at: 2005/10/31 6:21 PM
優勝おめでとー☆
魅せられました。
お疲れ様でした。
Posted by: ハレー |at: 2005/10/31 7:00 PM
おめでとうございます。

決勝の2チームと予選で当たったことを嬉しくもあり、悲しくもありと複雑な気持ちです。
でも優勝と準優勝のチームと戦えたことは、誇りです。
他のサイトでまた出会えるの楽しみにしています。
Posted by: 笑わない男 |at: 2005/11/01 3:10 AM
>チョコさん ハレーさん
ようこそ&ありがとうございます。
merry-makerとの対戦も面白かったけれど、
THE大喜利チームとも当たってみたかったです。
トーナメントの組合せがねー。残念。
いつかどこかで対戦する事があれば
思い切っていきますのでよろしく。

>笑わない男さん
以前も書きましたが、Lグループはどのチームも
投稿・投票率が高く、とても意識の高い方ばかりで
良いグループに入れて本当に良かったと思っています。

次対戦する時は、なんとかリベンジできるように頑張りますよ。
Posted by: ズズβ (◆.rCKS6Udec) |at: 2005/11/01 10:25 AM








Trackback

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Search

Profile

Feed

Others

Sponsored Links

Mobile