<<  main  >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

幕の内 トーナメント準決勝 結果
チームも個人も勝ちました。
今回もまた乗り越えることができました。
チームメイトに感謝。




過去を振り返るのはまだ少し早いかもしれませんが。
でも、今書きたいんで書きます。


幕の内が始まる前。
今回このメンバーで参戦すると大将から聞かされた時。
まるで他人事のようにワクワクしたのを覚えています。
だってさぁ。
ボケ天に縁の無かった方には分からないと思いますが。
凄ぇんですよ。メンツが。
こんなチーム作っていいのかって程に。

でも、実際にエントリーしてみて。
僕らは全くの無名でした。
だーれも知らない。興味も持たれない。
ボケ天って何?って感じで。

そんな状況を受けて。
よくみんなで話しましたよ。
「こんな美味しいシチュエーションはそうそうあるもんじゃない」って。
これは勝つしかないな、と思いました。



幕の内への参加のスタンスというものは、各チーム違うと思います。

これをお祭りと捉えて陽気に参加するところ。
「いけるところまでいってみよう」と腕試し的な参加をするところ。
自サイトの宣伝を兼ねているところもあったかもしれません。

でも僕ら「独り朝焼けに泣く」チームは。
勝つことを真剣に目指して参加してきました。

こんなお遊びにマジになんなよと。
そこまでマジに突っかかってこなくていいじゃんかと。
影ながら言われたこともあったかもしれません。

でも、真剣だから面白いんです。
交流は二の次、とにかく倒してやると剥き出しにやってきたからこそ
結果が出たときの充実感や達成感を得ることが出来るわけで。



俺は、いや恐らく俺らは。
ボケ天だって何だって、いつも真剣にやってきました。

遂にここまで来ました。
残る山はあと一つ。




何があろうと絶対に勝ちます。
スポンサーサイト
Comment








Trackback

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Search

Profile

Feed

Others

Sponsored Links

Mobile