スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

空想
お久しぶりです。

唐突ですがうちの息子、空想癖があるんです。
なんか頭ん中で訳の分からんこと考えるのが好きなんですね。
で、こないだの会話。


息「おなかの中には何がいると思う?」

俺「"いる"ってなんだよ。なにがいんの?」

「人がいるんだよ」

「どんな奴だよ」

「えっとね、服をまえうしろに着てる人」

「なにそれwww」

「ほんとだよ?」

「へー。で、ソイツ誰のお腹の中にいるんだよ」

「きみたち」


なんで上から目線なのかサッパリ。
サバイバル
福田首相、道路特定財源の09年度一般財源化を提案


遂にこの時が来てしまいましたね。
土建屋たちよ、腹括っていこう。
非常識
今朝、出掛けにちょこっと見ただけなんで詳細は忘れたけども

「背後から自転車で近づいてきた男に、女性が突然背中を刺された」
というニュースがテレ朝でやってた。

その時、被害女性の実名、年齢に加えて
「風俗店勤務」という職業まで公表してた。


事件の真相についてはまだよく分からないけれども
なんで背中刺された上に風俗勤め全国にバラされなきゃいかんのよ。
メディアにとっては毎日扱ってる材料のうちの一つに過ぎんかもしれんけど
その女にとっちゃこの後の一生全てに関わる大問題なんだぞ。

報道規定より常識で考えろよバカ。
腰痛
持病ってほどではないんだけど、密かに結構な腰痛持ちです。
長く座り仕事した後立ち上がったりすると腰や背中が痛くて
「いたた・・・」ってジジイみたいな状態になってしまいます。

だもんで、時々ラジオ体操みたいに前屈と後ろ反りを交互に
やってみたりもするんですけど、どうも自分が痛みを解消したい
部位と運動によって刺激される部位が一致しないんですよ。

で、たまには嫁とかに腰揉んでもらったりもするんですけど
これも結構重労働なんでそうそう頼みにくいし。

しまいにゃ車のトランク部分に腰引っ掛けて後ろ反りしたりも
しますが、あと5cmか10cmぐらい「あー気持ちええ」のポイントが
微妙に合わない。


どっか自分にピッタリの丁度いい腰反り場がないかと
以前から探してたんですけど、今日ついに見つけました。
それは会社の玄関横にあるカウンターの天板。

今日なにげにもたれかかってる時に、フンって後ろに反ってみたら
ボキボキボキボキッ!!っていい音で腰骨が鳴って、
得も言われぬ快感が腰を包んで・・・最高でした。
その後仕事再開したら腰が軽い軽い。ウソみたいでした。



だからなんだっつー話だけど、いいじゃん別に。
ブラック
こないだ娘に「お父さん、なんかなぞなぞ出して」と
頼まれたので、ベッタベタなところで
「トリはトリでも飛べないトリはなんだ?」と出題したら
「鶏肉」と答えが返ってきました。


飛べない の意味が違う。
17th
そういえばまだココに書いてなかったけど
1/30にエレファントカシマシがフルアルバム出してます。
タイトルは「STARTING OVER」。
当然俺も買いましたが。

これは思いっきり俺個人の見方ですが
今回のアルバムは彼らが今置かれた状況の中で
最大限「売れる」ことを目標に作った作品だと思っています。
そして、それが悪いとは一切思いません。
むしろここまで本腰入れてやってみて、
一体どこまで売り上げが伸びるものなのか興味深く見守りたいです。

かなり低い確率ですが、今後の作品次第では
チャート上位に食い込むほどのヒットもあり得ると思っています。
恐らくこの先2〜3年が最後の一花を咲かす最後のチャンスでしょう。

買ってください。
ドーンと
3月5日シングル発売。
「桜の花、舞い上がる道を」
買おう。

質問
さっき嫁になんとなく、
「お前、もし自分が男だったらチンコでかかったと思う?」
と聞いたら
「そんなにでもないと思う」
と返された。

ちょっと可愛いと思った。
都会モン
嫁の友達(女の子)が種子島に来てるらしいです。
なんでも種子島に仕事で来る用事の人がいて、
その人にくっついて遊びに来たんだそうで。
俺も鹿児島市に住んでた頃、何度か会ったことがあるんですが
年の割にしっかりしたいい子です。

で。
せっかくの機会ってんで嫁が仕事を途中で切り上げて
その子に会いに行ったみたいで。
向こうもレンタカー借りてて、ファミレスで落ち合って
一緒にゴハン食べたりしたみたいなんですが。


夕方近く、不意に嫁から俺へメールが着ました。
『車が砂浜にはまって抜けない』


・・・はぁ?なにやってんだ?
ははぁ、さては。
他所から来た人達だから、大方ドライブかなんかしてて
海とか見て妙にテンション上がっちゃって
『よくテレビでやるみたいに、波打ち際を車で走りたい♪』とか
安易な行動して抜けなくなったか?
あるある。都会モンにありがち。
4WDでもないのに後先考えずにね。
これだから都会モンは困るよ。やれやれ。


『んで、どうすんのよ?』
と優しくメールを返しました。
するとしばらくして、写真付きで

『こんなんなってます』

とハマってる様子のメールが来ました。



レンタカーではなく嫁の車でした。
都会の方々ごめんなさい。
保身
今月、うちの息子(5歳)が誕生日なんですよ。
んでプレゼントのおもちゃをネットで注文しました。
地元のお店で買うとバカ高いもんですからね。
なおかつ、お届け先を自宅ではなく会社にしました。
理由はもちろん、本人に悟られないため。
事前に「あ、今の宅配便オレのプレゼントだな」とかバレたら
ちょっと興醒めですからね。お互いに。

で。
こないだ鹿児島市のほうに出張に行ってたんですが、
帰って出社してみたら机の上にドンとダンボールが置いてあるんですよ。
あ、俺がいないうちに届いたなと。


で、中身を確認すべく近づいてみた。
なかなかデカい箱である。


目前まで近づいた。


・・・・・あれ?


ダンボール箱に、マジックで何か書いてある・・・。






(写真は開封後に撮影したものです)





ちょい待てや。
俺、そんなん頼んでないって。
中身は仮面ライダー電王のおもちゃで・・・。

変な汗が背中を伝う。

えっと・・・。
これ、俺が不在の間に会社に届いたんだよね。

ハッと同僚のほうを見てみた。
こっち見てニヤニヤしている。

咄嗟に「いや、これ違うから」と口をついてしまった。


そもそもキュアドールというものが何なのか知らないのだが、
言葉の響きが半端じゃなくエロ+ヲタっぽい。
なんか顔はすごくロリフェイスなのに網タイツと赤いピンヒールを
履いた人形っつかフィギュア的なものか、
もしくはリアルさを売りにしたダッチワイフ系商品のイメージが
一瞬のうちに頭をけたたたましく駆け巡る。
こんな箱に24個も入るかどうかは別として。


「これ違うから」の「これ」はそういうイメージの「これ」である。

そう仮定した場合、明らかに今の状況は
「そういうブツを自宅に配達されては困る男が、苦肉の策として
会社を配送先として選んだのがモロにバレてしまった」的な
シチュエーションがピッタリくるのである。


同僚の「ハイハイ」っぽい歪んだ笑顔が容赦なく浴びせられる。
奥にいる経理のオバハンも気の毒そうにこちらを見て苦笑している。
恐らく、彼らが今抱いているイメージと俺の「これ」のイメージは
ほぼ寸分の狂いも無く合致している。

あ、コレまずいわ。

そう思った俺は無意識にカッターナイフを手にしていた。
そしてもう弁明を止め、無言で一心不乱にダンボールの梱包を解く。
これはただの荷解き作業ではない。
俺の一社会人としての、そして2人の子供の父親としての
尊厳と誇りを賭けた、無実の扉への階段を駆け上がっているのである。


そして、なんとか開封し終えた俺は中に入っていた
「仮面ライダー電王 操縦!デンライナー&マシンデンバード」と
オマケで娘にも買った「プリキュア5 おしゃべりいっぱい!
おみみフリフリミルク」を両手に持ち、頭の上に高く掲げて

「ほら!違うでしょう!そういうのじゃないんですってば!!」

と大声で叫んでいた。



かなりカッコ悪かったと思う。
Page: 2/14  << >>

Entry

Comment

Trackback

Archives

Category

Link

Search

Profile

Feed

Others

Sponsored Links

Mobile